写真集♪第53回(H30年)琉球古典芸能コンクール&祝賀会


こんにちは!

今年は台風が立て続けに日本列島に襲来しました。

みなさまのお住まいの地域は大丈夫でしたか?

沖縄本島南部にある我が家も台風24号の接近により電話線が切断され、

インターネットも利用出来ず、HPの更新もすることが出来ませんでした。

そして先日、大分県から派遣されたNTTの方により修理が行われ、

18日ぶりに電話、インターネットが復旧しました!

たくさん撮っておいたコンクールの写真。

コンクールから2ヶ月半経ってしまっていますが、

あの日の感動、興奮、喜びを 再びみなさんと共有したいと思います。

ではでは、第53回琉球古典芸能コンクールの写真をどどーんと40枚ご紹介します。

 

【コンクール写真集】

今年5月27日に落成したばかりのピカピカの新報ホールにてコンクールが行われました!

h30コンクール_01 h30コンクール_02

 

 

控室も広く準備されており、本番まで気持ちもゆっくり過ごすことができました。

h30コンクール_07 h30コンクール_03

 

h30コンクール_04 h30コンクール_08

 

 

今年も雪子先生手作りのお食事をいただきました。

いつも美味しいごちそうをありがとうございます♪

h30コンクール_05 h30コンクール_06

 

左;受験票は舞台裏ではなく、ホール入り口まで貼り付けに行きます。

右;舞台から見るホールはとても広いのですが、意外と審査員席が近い!

h30コンクール_09 h30コンクール_10

 

一日間で行われる笛の審査は、新人、優秀、最高と順に行われます。

お昼の休憩時間に実際舞台に座らせてもらい、緊張をほぐします。

h30コンクール_11 h30コンクール_12

 

左;毎年3部門同時に合格発表があるのですが、今年は新人部門は審査が終わった時点で張り出されました。

右;午後7時過ぎ、優秀、最高部門も合格発表がありました。

h30コンクール_42 h30コンクール_40

 

合格発表の瞬間をみんなカメラに収めます。自分の名前を目に焼き付けます

h30コンクール_13 h30コンクール_14

 

 

さぁ!場所を移して、協会主催の祝賀会の始まりです!!

合格者からの喜びのあいさつです。

h30コンクール_15 h30コンクール_16

 

h30コンクール_17 h30コンクール_18

 

h30コンクール_20 h30コンクール_21

 

h30コンクール_22 h30コンクール_23

 

h30コンクール_24 h30コンクール_25

 

喜舎場先生をはじめ、各教室の先生からもお祝いのお言葉をいただきました。

h30コンクール_26 h30コンクール_27

 

沖縄県外の教室の先生、いつもご引率していただき、ありがとうございます。

h30コンクール_28 h30コンクール_29

 

コンクール本番の地謡の方たちからもあたたかいお言葉をいただきました。

h30コンクール_30 h30コンクール_32

 

左;コンクールチャレンジ○回目の伊礼さんの来年のコンクールに向けての挨拶に前田先生も笑顔がこぼれます。

右;合格者の言葉にやさしい笑顔の先生方と、受験者を支える仲間たち。

h30コンクール_31 h30コンクール_19

 

宴が盛り上がり、喜舎場先生が三線を手に…(先生の笑顔がとても素敵なので連写です!)

h30コンクール_33 h30コンクール_35

 

そして笛まで演奏していただきました!杉田先生も思わず吹いちゃいます♪長嶺さんも三線♪

h30コンクール_36 h30コンクール_37

 

先生方々も心から喜んでくださり、受験者も仲間もうれしい気持ちでいっぱいです。

h30コンクール_44 h30コンクール_34

 

私も今年優秀部門を受験、合格することが出来ました。

新人部門を受験した時とは違う緊張、プレッシャーに押しつぶされそうでした。

でも、どんな時でも先生はお母さんのように心に寄り添って、私を支えて下さいました。

私も先生の期待に応えたいと思いました。

稽古仲間は時には教室の壁を越え、いつも笑顔で私に声を掛けてくれて、私を応援してくれました。

私も練習に励んで合格したいと思いました。

大人になっても自然と一生懸命になれる自分がとても幸せだと思いました。

家族もとても協力的で夜、稽古で家を空けることも許してくれています。

家で練習するときも、嫌な顔ひとつしない(!?)愛犬たちにも感謝しなければなりません。

優秀部門を合格をすることが出来たこの気持ちと感謝を忘れずに、

これからも一生懸命練習に励みたいと思います!

 

文・写真;外間加世子

このページの先頭へ