壷川老人福祉センター「横笛同好会」
笛は若さの秘訣です!


琉球新報社主催の沖縄古典芸能コンクール・笛部門、昨年は中高生が受験して目を引いたが、今年はなんと最高年齢77歳、壷川老人福祉センターの横笛同好会の皆さんが5人も受験され、うち4人が見事合格するという頼もしい出来事がありました。

そこで、ホームページを担当する私は、試験の翌日、練習があると聞きその笛教室に伺わせていただきました。
カメラマンは優秀賞受験者の渡邉さん。彼女は仕事と自分の立ち上げているブログの取材のためにいつもカメラを持ち歩いています。

ちなみに彼女のブログは「下水道と歌三線と横笛と
なんと、壷川老人福祉センター「横笛愛好会」の親川さんがよくご覧になっているようで、そのお陰もあって今回の取材の話はトントン拍子にまとまりました。

前置きはさておき、この壷川老人福祉センターは昨年30周年を迎えた歴史あるセンターで、様々な講座や同好会が大変活発に行われているようです。
昨年発行された30周年記念誌を見せていただいたら、なんとまあ、古典三線の講座だけでも入門・初級・上級と3つもあり、琉舞、民舞、民謡三線教室、太鼓などなど、沖縄ならではの同好会がたくさん。もちろん、全国おなじみの体操教室や囲碁、絵画の同好会なども揃っています。

その一つである横笛同好会、以前は民謡教室の中にあったそうで、独立して5年くらいとのこと。喜舎場孫好先生の熱心な指導のおかげでめきめきと上達し、今回のコンクール受験となったそうです。

最近は、腹式呼吸が健康に良いと新規入会希望者が続々、人気講座になりつつある横笛同好会ですが、昔、笛は肺に悪いというような噂があって、スタート時はなかなか理解してもらえなかったとのことです。

皆さんのパワフルな笛の音を聞いて、何歳まで笛吹けるかなぁ・・・とちょっと心細かった私も、勇気がわいてきました。
(前田裕美)

追伸:壷川老人福祉センターの同好会は、那覇市にお住いの60歳以上の方なら参加可能。お問い合わせは同センター(TEL.098-853-1139)まで。

那覇市壷川老人福祉センター

那覇市壷川老人福祉センター

まずは朝の挨拶から

まずは朝の挨拶から

皆で御前風、松竹梅と次々吹きこなしていきます。

皆で御前風、松竹梅と次々吹きこなしていきます。

皆で御前風、松竹梅と次々吹きこなしていきます。

現在、ゼイ踊りの笛に挑戦中とのこと。

挨拶に来てくださった所長さん。実は沖縄民謡の先生だそうで、めでたい節やら唐船ドーイやら特別披露してくださいました。笛の伴奏は、我が横笛協会の座波雪子先生。

挨拶に来てくださった所長さん。実は沖縄民謡の先生だそうで、めでたい節やら唐船ドーイやら特別披露してくださいました。笛の伴奏は、我が横笛協会の座波雪子先生。

所長さんの早弾きで朝からカチャーシーしてしまいました。

所長さんの早弾きで朝からカチャーシーしてしまいました。

こちらは新入メンバー。

こちらは新入メンバー。

先輩と一緒に吹けるようになるまでマンツーマンで音の出し方を指導する喜舎場孫好先生。面倒見がよいと同好会の皆さんに大好評でした。

先輩と一緒に吹けるようになるまでマンツーマンで音の出し方を指導する喜舎場孫好先生。面倒見がよいと同好会の皆さんに大好評でした。

新人賞受験の皆さんの四つ竹に合わせ、踊りを披露してくださいました。

新人賞受験の皆さんの四つ竹に合わせ、踊りを披露してくださいました。


このページの先頭へ